社会教育分野 合同部会C 研修会を開催しました

9月15日(木)19時から柏原住民センターで、標記の研修会を開催しました。この研修会は市同教の部会のうち、行政部会、社会教育部会、企業部会の部会員の皆さんを対象としたものです。今回は「人と防災未来センター」の語り部としてご活躍で、阪神・淡路大震災を経験され、当時の県職員として被災者支援に奔走された瓢(ひさご)さんをお迎えし、「防災と人権」の演題でお話をしていただきました。

講話の主な柱は、「震災の事実と教訓」「震災と災害弱者の人権」「災害への備え」についてです。阪神・淡路大震災で壊れた民家で圧死された人の多くは1階で就寝中の高齢者であったことや、避難所の被災弱者(子どもや高齢者、障がい者など)には災害情報や支援が届きにくい実態があったことなど、被災者支援の仕事をとおして感じられたことを語ってくださいました。また、地域コミュニティの大切さや行政支援(公助)の限界についても率直な思いを話され、自助や共助の必要性を伝えていただきました。瓢さん、ありがとうございました。



2022年9月20日 | カテゴリー : News | 投稿者 : info_7z6i6ge7